柏槇の大樹

柏槇の大樹

観音院の縁起、寺宝のところでも紹介していますが、弘法大師空海が衆生済度のために諸国を回り、当観音院を巡錫されたときにお手植えされたと伝えられています。

この柏槇を地元の人々は御宝木(おたからぎ)と呼んで大切にしています。
樹齢1200年以上と推定され、約200年前落雷のため半分の樹身は傷められましたが、香りの強い香木であるため腐りにくく虫もつきにくいため、立ち枯れの状態でもしっかりとしています。
半分は枯れた状態ですが、被害を免れたもう半分はまだまだ青々とした葉が茂っており生き生きとしています。

この大樹の荘厳さには訪れた多くの参拝者が感激しております。
やはり、私たち人間はたかだか100年程度の生命活動しかできませんが、1200年以上の時を経てきた偉大な樹木には計り知れないエネルギーを感じることでしょう。

柏槇の大樹

柏槇の大樹