2017年04月

お香の日

本日は、お香IMG_1281の日ということをラジオで聞きました。

由来は、推古天皇3年(595年)4月に「沈水、淡路島に漂着」と日本書紀記されていて、淡路島にひと抱えもある香木が漂着したそうです。そこで、沈水香木が伝来した4月と、「香」の一画目の「ノ」を除いた漢字を分解した言葉遊びである「一十八日」をあわせて4月18日を「お香の日」として1992(平成4年)に日本の全国薫物線香組合協議会が制定したそうです。(出典:ウィキペディア(Wikipedia))

当院では、茶香炉で燃やさないように薫香しています。(燃やすと折角の良い香りが消されてしまいますよ!) 

常香盤の上で薫香しています。

IMG_1282

照らされる龍光山

IMG_1192

照らされる龍光山

IMG_1211

太陽の光を浴びる紅梅

IMG_1214

暖かそうな紅梅の花

4月1日とはうって変わって太陽に照らされているお寺の山です。太陽の光を浴びた紅梅も暖かそうで太陽の氣(天の氣)を受けて氣持ち良さそうでした。暖かくなってくると色々な生き物がお寺の自然の中で活動し始めますので観察してみたいと思います。

 

 

4月に雪に覆われた龍光山

 

IMG_1186

雪に覆われた龍光山

 

IMG_1187

紅梅の木・花に積もった雪

 

IMG_1189

寒そうな紅梅の花

4月1日に湿った雪が降りました。お寺の山も雪に覆われて4月としては珍しい光景が見られましたが、咲いたばかりの紅梅の木や花は寒そうでかわいそうでした。植物は温度変化や紫外線量に敏感ですから・・・・・ね。