• p1-2
  • p2-2
  • p3-2
  • p4-2
  • p5-2

日本の真ん中、諏訪湖に臨むパワースポット自然の力が集まり心身ともに癒される由布姫様ゆかりの寺院

龍光山観音院は、通称・小坂の観音院又は小坂観音院と呼称されて多くの参詣者に親しまれています。当院は諏訪湖の西岸の小高い丘上に位置し、諏訪湖を眼下に一望出来る景勝の地にあります。

従って、風光絶佳にして諏訪八景の第一(一番眺めがよい)に挙げられ、中秋の名月が最もきれいに見えるため、別名「小坂秋月」とも言われており、南信八名所の一つにもなっております。 朝な夕なに見られる景色はまさに風光明媚であり、樹齢500~700年以上といわれる全国的にも珍しい「椹(サワラ)」並木の間からは遠く八ヶ岳も望むことが出来、訪れる方々は其の景色・環境に感嘆の声を上げて満足して帰られ、再訪者も大変多いのです。

また小説「風林火山」(井上靖著)の中に登場するヒロイン「由布姫」様が当院で過ごしていたと描かれているため由布姫の供養塔も建立されています。
特にNHKの大河ドラマで「風林火山」が放映されて以降、多くの方が来院していますが、由布姫様の関係で訪れた方々も当院の環境・景色に感動しております。

外観